Kスプーン

770  (Including tax)
(exc tax 700 )
2240214
In stock
+
Add to wish list
専門家と開発した専用器具
嚥下困難者向け
Kスプーン

嚥下(えんげ)障害のある患者さんにとって、スプーンの選択は非常に重要です。Kスプーンは嚥下障害のある方のために、藤田保健衛生大学客員教授小島千枝子先生と共同開発した製品です。小島千枝子先生が、患者さんと向き合いながら一番安全で使いやすい形状を踏襲し、Kスプーンは誕生しました。

嚥下障害のある患者さんに適切なスプーンの形状は「小さくて長さのあるスプーン」です。Kスプーンは小さく、薄く、柄の長さがあるため、一口量が大きくなり過ぎず、口唇で取り込みやすく、奥舌に入れる、ひっくり返すなど、いくつもの動作に適した設計になっています。
<KスプーンとK+(プラス)スプーンの違いについて>
Kスプーンのすくう部分を一回り大きくしたのがK+スプーンです。自力摂取に移行した段階の人に適しています。          
自力摂取や食事介助にとって重要な、持ちやすさ、すくいやすさを兼ね備えているため、在宅でお食事を介助している家族の方や、介護施設で介護にあたるヘルパーさんも使用されています。現在、言語聴覚士の必須アイテムにもなっています。
また、仮性球麻痺で開口障害のある人に、スプーンの柄の先端でK-point(ケイポイント)を刺激することにより開口が促されます。刺激後の嚥下運動を摂食訓練に取り入れることができます。
本品は嚥下障害に関する専門知識を有する方向け専用器具となります。ご使用にあたっては、必ず専門家の指示に従ってください。

摂食、嚥下障害のある人、食事介助を受けている人、大量を口に入れるとむせやすい人、ゼリーをスライス状にして食べる時、離乳食用としてお使いいただけます。

口腔内でひっくり返したりができる形状なので嚥下障害の人や摂食訓練の初期段階に最適なKスプーン。
ヘッドのさじ部分が一回り大きいK+は、摂食訓練のステップアップに最適です。

なめらかな口触りのミラー仕上げとおしゃれな金メッキタイプをご用意。
ご希望をいただければ、グリップ部に名入れをすることも可能です。

関連商品

880  (Including tax) (exc tax 800 )
770  (Including tax) (exc tax 700 )