会社情報

株式会社 青芳について

1955年創業の株式会社青芳は金属加工の集積地である新潟県燕市に本社を置く、食器・生活雑貨の製造・企画・販売企業です。

輸出向け金属洋食器メーカーとして創業しましたが、1985年の円高で輸出一本の経営では難しくなり、生活雑貨を中心とした事業に切り替わりました。同時に、福祉用の食器具の開発も始めました。

福祉用具開発の理由は青柳芳郎会長(当時社長)の長女が障がいを持っていて上手にスプーンが使えないので、青柳会長は親心として使いやすいスプーンを商売抜きで考えていましたが、円高を機に事業として始めました。

当初は素人的な発想のスプーンでしたが、三菱重工と共同開発した「形状記憶ポリマーカトラリー」の発表がきっかけとなりTVや新聞に紹介され飛躍的に知名度があがりました。
現在では、大学様などの研究機関や病院・施設と共同研究をすすめ、共同開発をすることで根拠のある製品開発を進めています。

日本中でスプーン・フォークをつくっている町は燕市だけ。
青芳はこれからもこの町で障害者や高齢者のために使いやすい食器具の開発を進めていきます。

会社概要

会社名
株式会社 青芳
URL:https://www.aoyoshi.co.jp/
所在地
〒959-1276 新潟県燕市小池5143番地
資本金
1,000万円
代表取締役社長
青柳 修次
事業内容
生活雑貨・福祉用品の企画開発、製造、卸しおよび販売
事業内容の詳細を見る
従業員数
34人(2014年12月30日現在)