新潟県燕市。戦前から金属加工で栄えたこの町は金属加工の集積地になります。

私たち㈱青芳も1950年代から製造メーカーとして輸出用金属洋食器(カトラリー)の製造を手掛けています。

㈱青芳の福祉用品ラインが「ウィルアシスト」です。

ブランド立ち上げより約30年。ウィルアシストは、ご高齢の方をはじめ、障害者を介護する方、介護される方に向けた「使う人に寄り添う」ものづくりを続けています。

商品の開発は青芳社員だけが考えるのではなく、大学や病院の先生・地元燕市の介護施設の職員のみなさまと協力し商品開発を行っています。

使う人の動きを計算し、人間行動学に基づいて設計された製品は、燕の伝統産業である熟練した職人の高度な金属加工をはじめ長崎県東彼杵郡波佐見町の波佐見焼の湯飲みマグカップ、福岡県大牟田市で作る強化磁器、福井県小浜市のお箸など各地の職人によって実現しています。

ウィルアシストはユニバーサルデザイン・介護福祉・障害をすべて合わせた商品づくりを行い、「自分で食べるを応援する」をもとにあらゆるニーズにこたえていきます。