箸・うつわ スプーン・フォーク
形状記憶ポリマー 前のページへ 次のページへ

形状記憶ポリマー

お湯でやわらかくなる素材

「お湯に入れるとやわらかくなり、水に入れると硬くなる」ユニークな特性を活かした製品の開発が、福祉用品や医療器具など広い分野で進んでいます。

ウィルシリーズのグリップの素材は「形状記憶ポリマー」。

三菱重工業が1988年に開発したポリウレタン系のプラスチック素材です。

熱を加えるとやわらかくなり、やわらかいうちに自由に形を変えることができます。